保険の必要性を感じない私が選んだ生命保険(後編)

生活

前回は乗り換え前のなんとなく加入した保険の内容を紹介しましたが、今回は私が乗り換えた保険の全容を余すところなくお見せしたいと思います。

前回記事(前編)はこちら

⇩⇩

私と似た価値観の方や掛け捨てで毎月出ていくお金をなんとかしたいという方に参考にして頂ければ幸いです(^ω^)

どこの保険に加入したか?

正直言ってしまうと働けなくなった時や重い病気になった時の”もしも,,の補償はほとんど付けていません。

これは人によって考え方は違うと思いますが私は今は必要ないと考えたからです。

それでは順番に紹介していきましょう(=゚ω゚)ノ

たくパパの保険

死亡、高度障害保険
アクサ生命ユニットリンク

こちらはアクサ生命の死亡保険です。

月々1万円の掛金で払込期間、保険期間ともに65歳まで35年間保証してくれるものです。

補償内容は死亡、高度障害に陥った際に5637000円が支払われ、安良治に生存した場合にこれ名での積立金額が支払われるという一般的な物に見えると思います。

一般的な死亡保険にしては掛金が高いと思いますよね?

ほかのとこの死亡保険より高くない?

医療保険も付けたら逆に高くなっちゃうよ。

そう思う方が多数だと思います(; ・`д・´)

私が惹かれたのがアクサ生命のユニット・リンクという形式なのです!

公式ホームページはこちら⇩⇩

変額保険 ユニット・リンク|アクサ生命保険株式会社
アクサ生命保険の公式ホームページで、アクサの「資産形成」の変額保険 ユニット・リンクの特長をご確認いただけます。ユニット・リンクに寄せられたお客様の評判や評価のページもぜひご覧ください。ユニット・リンクにご契約いただいているお客さまにインタビューをして、ユニット・リンクについての評価をいただきました。

簡単に説明すれば株式投資と同じような形式で積立金を満期まで運用してくれるものです。

そして払済保険に変更してもこれまでの積立金を満期までは運用してくれます。

勿論株式投資と一緒で運用利率が下がれば受取額が減るというリスクはありますが、投資は長期的に見ると良い時と悪い時は波として当然あります。

また、インデックスファンド型なのでより安定性のある分散投資が可能になります。

名目上は死亡保険ですが必要性は感じない為、運用が目当てでこちらの保険にしました(=゚ω゚)ノ

アクサ生命ユニットリンク

こちらが10年後に払済に変更し、満期まで運用した場合の積立金の推移です。

あくまで目安の数字ですが6%で計算した場合は120万円を満期まで運用で516万円に。

投資額の430%のリターンです。

医療保険
チューリッヒ

こちらはチューリッヒ生命の商品で終身医療保険プレミアムDXというものです。

終身型で入院、手術の時に支払われる補償に入院一時金が20万円支払われる特約を付けたプランにしました。

こちらがチューリッヒ生命の公式ホームページです⇩⇩

チューリッヒ生命の終身医療保険プレミアムDX

こちらは掛け捨てですが終身型という事で保険料が変わりません。

入院一時金が20万円という事で仮に1週間個室で入院してもマイナスになることはありません(/・ω・)/

まだ30代という事もありがん保険等はかけていませんが10年後アクサ生命のユニット・リンクを払い済みにする事を想定した際に、月々の支払額が1万円低くなるのでもしも必要と感じた場合は追加すればいいと考えてこれらの保険を選びました。

2社分の支払額を足してもこれまでの保険料よりは安くなりますし本当にあって困らないという部分だけのかけ方を選びました(^ω^)

子供達の保険

これまで子供達には学資保険と国民共済の保険(知らなかった…)をかけていました。

2人共合わせたら約15000円の支払い額だったので両方解約して私の保険と同じ方式に変えてみました(=゚ω゚)ノ

これは私がこれでいいと思って決めた事なので、あくまで一例として見て頂けると幸いです。

死亡保険、高度障害保険

こちらは前述したアクサ生命のユニット・リンクを採用しました。

掛金は12000円に設定し保険期間、払込期間共に30年としています。

これまでの学資保険とは違い、一定期間で祝金が出るものではありません。

5万円等の小さな額が必要な場合等は児童手当からの貯金で賄えると思い、ユニット・リンクで資産を運用し、一気に受け取った方がいいと感じたためこちらに変更しました。

医療保険

子供たちは医療費がかからないけどなんで医療保険?

それこそ無駄じゃない?

こんな疑問は勿論抱かれますよね?

掛金を抑えつつ医療保険を掛けるために選んだのがネオファースト生命のネオdeいりょうです。

公式ホームページはこちら⇩⇩

ネオdeいりょう(無解約返戻金型終身医療保険)の特長|ネオファースト生命資料請求サイト
ネオdeいりょう(無解約返戻金型終身医療保険)&#12...
ネオファースト生命

こちらも入院の一時金が出るタイプにしています。

子供たちは医療費がかかりませんが、入院となると親が仕事を休んで付き添わなければならなくなりますよね?

休んだ際の収入の減少を補填するためのものです。

ユニット・リンクとネオdeいりょうの保険料を合わせてもこれまでの支払いよりは安くなるので乗り換えをしました(=゚ω゚)ノ

まとめ

少しでも参考になりましたでしょうか?

私の場合は保険料が増えないのであれば投資感覚で保険をかけることにしました。

もちろん人によって必要だと感じるものは違うと思いますし支払額を抑えたいという方も多数いると思います。

FPの方に相談する事は自分で数ある商品から選び出さなくてもニーズに合わせてプランを提案して下さるのでよくわからない方や時間をかけたくない方にはお勧めだと思います。

FP無料相談を試してみたい方はこちらから依頼してみるといいかもしれません。

⇩⇩

少しでも参考にして頂けると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました