【新築時】一戸建ての間取りで失敗したところ3選

住宅

今回は私が一戸建てを新築して住んでみて失敗したので止めた方がいいという点を3つ紹介します。

間取りや住宅設備は図面だけ見て想像することって難しいですよね(; ・`д・´)

見栄えだけで選んでも実際使用してみて何か違う…という事もあります。

  • 図面製作段階で間取りや住宅設備に悩んでいる人
  • これから新築したいので色々見てみたい人
  • 失敗を共有したい人←居ないか(笑)

こんな方々の参考になるように画像付きで紹介いたしますので少しでも参考になれば幸いです。

間取りや住宅設備を決めるタイミング

私は工務店で建築して頂いたのでそちらをベースに説明します。

工務店でも各社でやり方は違うと思いますが、私が頼んだ所ではまずヒアリング。

予算を伝え、子供が二人いるので広さはこのくらい欲しい、私用の書斎が欲しい、キッチン脇にパントリーが欲しい。

全くビジョンが見えていなかったのでとりあえずこの3つは絶対欲しいという事を伝えました。

数回のヒアリング(打ち合わせ)の後は設計士の方が図面を書いて下さいますが、この段階で設計士さんの経験とセンスが出ますね。

担当して下さった方は若い夫婦で小さな子供が居るという事と将来子供達が大きくなった時の事も考えて図面を作成して下さいました。

その図面がこちら⇩⇩

新築図面

ちなみにこちらの図面は柱の数等を洗い出した結果予算オーバーでボツになりましたが(笑)

ハウスメーカーの様に型が決まっているわけではないので経験の少ない工務店さんだと洗い出さないと大体の見積額もわからないので考えものですね(´-ω-`)

見積もりを出す際に玄関ドアや扉、水回り等もカタログを見てデザインを決めてしまいます。

私の場合は予算が決まっていたので予算内で家の内装に合うものを工務店さんの方で提案して下さいました。

因みにこれは決めてしまっても注文は後になるので見積後でも建築中でも変更可能なので担当の方に確認するといいでしょう。

新築図面

変更後の図面がこちらです。

新築図面

もう一度練り直せばよかったとは思いますが、当時私は妻や子供達と別居していて早く一緒に住みたかった為総意でこの図面で進めました。

見積もりが出るまで3か月は掛かっていたので練り直していたら資材の高騰した時期に差し掛かっていました(; ・`д・´)

いくらか後悔は残りますが結果オーライです。

失敗3選

それでは本題の一戸建て注文住宅の失敗を3つご紹介します。

収納の折り戸

新築失敗

こちらはキッチン脇のパントリーを兼ねた収納スペースです。

とりあえず置けるものを突っ込んでいて手付かずな状態なので生活感満載でお見苦しいとは思います(/・ω・)/

新築失敗

我が家は収納スペースが極端に少ないですが広い家ではないので1階部分はここと会談した収納で事足ります。

ですが、ここを折り戸にしたことで両サイドの空間に物を出し入れするのが困難でデッドスペースとなっています。

新築失敗

保険証券や書類等の高さのある物の出し入れは本当に困難なので収納スペースの折り戸は本当に後悔しています。

折り戸だと閉まっているときはバランスが良く綺麗に見えますが、もっと奥行きがある場所でないと只々邪魔になります(=゚ω゚)ノ

窓無し、人感センサーライト付きトイレ

新築失敗

これは間取りを狭めた為、トイレが窓を付けれる位置に置けなかったというのが原因ではありますが1畳程度のスペースに窓がないという事で閉塞感があります。

玄関前で人が一番出入りする可能性があるという事でライトを人感センサー付きのものにしました。

新しくできたコンビニのトイレって人感センサーを採用していることが多いと思います。

あれは公衆的な面があり長居することがないので只々お洒落に見えると思いますが、普段使用する自宅での採用はお勧めしません。

動きがないと消えるのが人感センサーですが消える判定が早過ぎます。

私達は気にしなくてもいいですが、小さなお子さんがいる家庭では急に消えると怖がってしまいますよね?

センサー自体も大人の頭の位置で感知するのか子供の頭の位置ではいくら動いても反応してくれません。

唯一の利点は消し忘れがないという事ですね(‘Д’)

開放感があるように見えない柱の位置

新築失敗

リビングに当たる位置に勉強スペースとして一枚板の机を設置したのですがこの脇のモニターやリモコン類を設置している小さなニッチ。

このスペースを他の場所に設置して柱を無くしていれば開放感があり広く見えていたと思います。

この柱の影響で勉強スペースが一つの部屋の様に見えてしまいリビング自体はテレビ台とソファーだけしか置いていませんが凄く狭く見えます。

生活スペースに柱を置く際は3D画像を様々な角度で出して貰い、よく考えないと後悔することになります。

まとめ

我が家の場合なので参考になるかわかりませんが、一つ言えることは見た目重視でデザインを決めると後悔する場合があるという事。

実際に生活するシチュエーションを想像して決めることが1番です。

納得がいかないことがある場合は妥協せずにとことん打ち合わせを重ねましょう。

今回の記事とは反対に導入して良かった点をまとめた記事がこちらいなりますので併せてご覧下さい。

⇩⇩

Around30〜30代に突入した年収450万のパパブログ〜 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました